sitateru tech blog: スキル

sitateru tech blog

シタテルの技術やエンジニアの取り組みを紹介するテックブログです。

ラベル スキル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル スキル の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2018年12月12日水曜日

Alexaスキルを作ろう

12月 12, 2018

こんにちは。シタテルでエンジニアをしている熊谷です。

主にSPECというサービスのバックエンド開発(Rails)を行っています。

少し前にAlexaスキルの作成を試したので、その流れを簡単に説明していきます。

手順

1.Amazonアカウントを用意する

  • すでにamazon.co.jpの開発者アカウントがある場合は、それを使います。

  • お買い物用のAmazonアカウントを使用して、開発を開始できます。

  • Amazon Developerから、サインインして、情報を入力すると、開発用アカウントが登録されます。

    Amazon Developer

    ※ 画像のページで、ログインをして進みます。[Amazon Developerアカウントを作成]から進むと、amazon.com用のアカウントになってしまい、US向けのスキルになってしまうようです。

2.Alexa Developer Consoleにアクセス

3.[スキルの作成]をクリックし、スキル名などを入力する

スキルページ

4.スキルのページで、[呼び出し名]を設定する

5.エンドポイントを設定する

  • AWS Lambdaが推奨されているので、Lambdaでエンドポイントを作成するのが良いと思います。
  • リクエスト、レスポンスはJSON形式で送信します。
  • 作成したLambdaのARNを指定します。

6.インテントを作成する

  • [インテントを追加]をクリックし、カスタムインテントを作成します。

7.作成したインテントのページで、スキルの発話時に使用する、スロット(変数のようなもの)を設定する

  • スロットには、日付、数値、検索クエリー(文字列)などの型を指定できます

8.インテントを設定する

  • 作成したインテントの設定で、サンプル発話を登録します。
  • サンプル発話には上で作成したスロットを{スロット名}のような形で使用できます。

これで簡単なスキルを作成できました!

今回はざっくりした流れの紹介なので、ここまでにしたいと思います。

次回はLambdaの内容や、作成したスキルの公開、テストなどを説明していこうと思います。